入れ歯治療

  • HOME>
  • 入れ歯治療

入れ歯

入れ歯

入れ歯は人工歯を人工樹脂でつなげた装置のことで、これを欠損部分に装着して欠損歯を補います。口の粘膜、あるいは歯茎に装着する「総入れ歯」と、残った歯にばねをかけて固定する「部分入れ歯」の2種類があります。総入れ歯は上下どちらかの歯がすべて失われた場合に使用し、1本でも残っていれば部分入れ歯を使用します。

取り外し式のため安定性がやや低く、装着時の違和感や食事・会話がしにくいなどのトラブルを招くこともあります。これらは入れ歯が患者様のお口に“合っていない”ことが原因で起こるため、そうならないようにきちんと診断を行ったうえで適切な入れ歯をお選びします。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

  • 比較的治療が短期間で済む
  • 比較的多くの症例に対応可能
  • 複数本の歯の欠損にも入れ一つで対応できる
  • 保険診療が適用可能なものもある

デメリット

  • 装着時に違和感が出ることがある
  • 食事・会話がしにくくなる
  • 審美性に劣るものがある(とくに保険適用の入れ歯)
  • 手入れに手間がかかる

当クリニックでは事前の診断をきちんと行い、患者様のお口に合った入れ歯をお選びすることで、上記のデメリットを抑えられるように細心の注意を払っています。

保険適用の入れ歯

レジン床

レジン床

入れ歯の土台となる義歯床をレジン(歯科用プラスチック)で作ったものです。保健適用ができるため、比較的安価に作製できます。修理も容易ですが、劣化しやすいため定期的なメンテナンスが必要となります。

保健適用外(自費診療)の入れ歯

保健適用はできませんが、強度が高いもの、見た目が自然なもの、装着時の違和感を減らしたものなど、より高機能な入れ歯をお作りすることが可能です。

ゴールド床義歯

ゴールド床義歯

土台となる義歯床を金で作ります。腐食・変色に強く、精密な加工がしやすいのが特徴です。体に優しく、金属アレルギーの方でも問題なく使用できます。

金属(チタン)床義歯

金属(チタン)床義歯

腐食に強く、アレルギー反応を起こしにくい金属(チタン)製の義歯床の入れ歯です。チタンは体の中に埋め込むことができるほど安全性が高く、インプラントの人工歯根にも使われている素材です。

ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯)

ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯)

金属のバネ(留め金)を使わず、柔らかい樹脂で作った入れ歯です。軽くて薄いため、装着時の違和感を大きく減らすことができます。また、金属を使用しないため、金属アレルギーの方でもお使いいただけます。

インプラントオーバーデンチャー(総入れ歯)

インプラントによって入れ歯を支える方法です。数本のインプラントを埋入して入れ歯を固定します。入れ歯で起こりがちな、外れる・ズレる・噛みにくいなどのトラブルを防ぐことができます。

費用

※すべて税込表示です

種類 金額
レジン床 保険適用
ゴールド床義歯 55,000円
金属床義歯 165,000円
ノンクラスプデンチャー 110,000円~
インプラントオーバーデンチャー 275,000円+インプラントの費用

078-891-3303